にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村
https://ping.blogmura.com/xmlrpc/lw3ur2etnjsn/

ちまたのスコアラーの日常日記

スコアラー経験者の私が、野球について思うことを書く!

プレミア12を振り返る

昨日、侍ジャパンの初優勝で幕を閉じたプレミア12 。

それから一夜明け、なんだか寂しい気持ちが。

大会の後って大体こんな感じ。

 

今日は2日から行われたプレミア12 を一気に振り返ります。オープニングラウンド、スーパーラウンド..と沢山ありますが、皆さまお付き合い下さい。

 

尚、このブログでは画像は用いません。

権利関係とかめんどくさいのでね。

よろしくお願いします。

 

 

オープニングラウンド

GroupA

アメリ

オランダ

メキシコ

ドミニカ

 

第一試合のアメリカーオランダは、アメリカが大量9点を奪った。メキシコがこんなに強かったとは思いもよらず。自分の勉強不足が露呈してしまいました。

ドミニカとオランダは敗退。特にオランダは、サムス、スコープなど代表常連の選手が多くいたにも関わらず、敗退。野球の難しさを体感しました。

 

GroupB

日本

ベネズエラ

プエルトリコ

台湾

 

日本は初戦のベネズエラ戦で、白星の難しさを思い知ったことでしょう。終盤に相手投手陣の崩壊で助かりましたが、なんとか白星スタート。

日本、台湾、ベネズエラプエルトリコに勝利。

ベネズエラにしても、プエルトリコにしても、ミスが目立つチームには未来がありません。この敗退をどう活かすかが今後に関わるでしょう。

 

 

GroupC 

キューバ

カナダ

韓国

オーストラリア

 

第一試合、キューバはカナダに完封負け。韓国もオーストラリアに完封勝ちしました。キューバはなんとか一勝したものの、最終戦で韓国に完封負け。

東京オリンピックの出場もだんだん怪しくなってきました。

 

 

オープニングラウンドが終わり、各グループ上位2チームがスーパーラウンドに進出します。

 

GroupA アメリカ メキシコ

GroupB 日本 台湾

GroupC 韓国 オーストラリア

 

この6チームがオープニングラウンドで対戦したチーム(日本であれば台湾、アメリカはメキシコと。韓国はオーストラリア)以外の4チームと戦うことになります。

 

 

スーパーラウンド

アメリ

メキシコ

日本

台湾

韓国

オーストラリア

 

メキシコが快進撃を見せます。

台湾、オーストラリアに何と完封勝ち。私も驚きっぱなしでした。日本、韓国も白星スタート。

日本はアメリカに唯一の敗戦。韓国も台湾に完封負けと言う結果に。

 

最終的には韓国がメキシコに勝利したことで、韓国・日本の決勝進出が決まり、2夜連続日韓戦が決まり、さらに韓国の東京オリンピック野球種目出場決定と、情報量が多すぎる結果となりました。

 

スーパーラウンドの結果、3位決定戦と決勝のカードは以下のように決まりました。

 

3位決定戦

メキシコーアメリ

 

決勝

日本ー韓国

 

では、改めて試合を振り返ることにしましょう。

 

 

3位決定戦

USA 2ー3Mex 

 

メキシコがサヨナラ勝ち。

 

メキシコは初回、アメリカのペイトンにソロ本塁打を打たれ、先制を許す。

しかしメキシコは6回、クラークのタイムリーヒットで同点に追いつく。

 

そのあともアメリカに逆転されるが、9回にクラークのソロ本塁打でまたも同点に追いつき、試合は延長タイブレークに。

 

アメリカは送りバントで1アウト2.3塁とし、敬遠で満塁とするが、三振、ショートフライと無得点。

 

その裏、メキシコは同じように送りバント、敬遠で満塁とすると、ナバーロがサヨナラのタイムリーヒット。3-2でサヨナラ勝ちした。

 

勝利したメキシコは3位で大会を終え、同時に2020年東京オリンピック出場決定となった。

 

延長タイブレークによって両チームの明暗が分かれることとなってしまった。

 

 

延長タイブレークに突入した3位決定戦は、メキシコが勝利し、3位が確定。韓国と同じく、東京オリンピック出場が決定しました。

 

決勝

韓国 3ー5日本 

 

日本が勝利し、初優勝。

 

日本の先発は山口。さあゲームスタート...

しかし、キムハソンの2点本塁打、キムヒョンスのソロ本塁打で3点を先制される。

 

日本はその裏、鈴木のタイムリー2塁打で1-3とする。2回には山田が逆転3点本塁打で4-3。

7回にも浅村のタイムリーヒットで5-3とした。

 

先発の山口は1回を投げて3失点と精彩を欠いた。

2番手から日本の投手陣は無失点。反撃を最小限に抑えた。

 

打撃陣は不調の山田が値千金の逆転3点本塁打

新たな日本のヒーローが誕生した。

 

一方敗れた韓国は、初回に3点を先制したものの、先発のヤンヒョンジュンが4失点。計算が狂ったようだった。

 

決勝は日本が逆転で勝利し、初優勝。

山田の本塁打は見ていてスッキリしました。ああ良かった。

 

こんな形でサーっと振り返ってきました、プレミア12 。プロ野球選手が出場する試合は昨日が年内最後。水曜日まで行われている明治神宮大会を最後に、野球自体も試合が行われなくなることが多いです。

 

さて、その明治神宮大会については、明日19日から23日まで試合レポートとしてお伝えします。

年内最後ですから、より一層気合いを入れて臨みたいと思います。

 

日本代表の選手の皆様、お疲れ様でした!!!

ゆっくり休んでください!!!

 

 

 

侍ジャパン初優勝!!!Premier12 決勝 日本対韓国 試合結果

韓国 3

日本 5

 

日本が勝利し、初優勝。

 

日本の先発は山口。さあゲームスタート...

しかし、キムハソンの2点本塁打、キムヒョンスのソロ本塁打で3点を先制される。

 

日本はその裏、鈴木のタイムリー2塁打で1-3とする。2回には山田が逆転3点本塁打で4-3。

7回にも浅村のタイムリーヒットで5-3とした。

 

先発の山口は1回を投げて3失点と精彩を欠いた。

2番手から日本の投手陣は無失点。反撃を最小限に抑えた。

 

打撃陣は不調の山田が値千金の逆転3点本塁打

新たな日本のヒーローが誕生した。

 

一方敗れた韓国は、初回に3点を先制したものの、先発のヤンヒョンジュンが4失点。計算が狂ったようだった。

 

大会は日本の優勝で幕を閉じた。

来年は東京オリンピックが開催される。

 

金メダルを期待せずにはいられない。

来年まで取っておくことにしよう。

 

明日はプレミア12 の振り返りを行い、月曜日からは明治神宮大学高校の部の試合レポートをお伝えします。

 

 

 

 

 

 

Premier12 3位決定戦 USA-Mex 試合結果

USA 2

Mex 3

 

メキシコがサヨナラ勝ち。

 

メキシコは初回、アメリカのペイトンにソロ本塁打を打たれ、先制を許す。

しかしメキシコは6回、クラークのタイムリーヒットで同点に追いつく。

 

そのあともアメリカに逆転されるが、9回にクラークのソロ本塁打でまたも同点に追いつき、試合は延長タイブレークに。

 

アメリカは送りバントで1アウト2.3塁とし、敬遠で満塁とするが、三振、ショートフライと無得点。

 

その裏、メキシコは同じように送りバント、敬遠で満塁とすると、ナバーロがサヨナラのタイムリーヒット。3-2でサヨナラ勝ちした。

 

勝利したメキシコは3位で大会を終え、同時に2020年東京オリンピック出場決定となった。

 

延長タイブレークによって両チームの明暗が分かれることとなってしまった。

 

プレミア12 の試合もあと1つ。

本日夜7時から日本対韓国の決勝が行われます。

 

日本の先発は山口。韓国はヤンヒョンジュンと発表された。

個人的にヤンヒョンジュンのピッチングを見てみたいと思っていたので、今日は注目してみたいと思います。

 

 

Premier12 SR12 日本対韓国 試合結果

韓国 8

日本   10

 

日本が打撃戦を制し、スーパーラウンド首位で決勝を迎える。

 

日本代表は2回、菊池のタイムリーヒットで1点を先制する。

しかし、すかさず韓国は3回にファンジェギュンがソロ本塁打を放ち、同点。

 

日本はその裏、打者一巡の猛攻で一気に6点を奪うが、4回に韓国は6本のヒットを集め、5点を追加し7-6。

 

 

引き離したい日本は5回、相手のエラー、丸のタイムリーヒットで2点を追加。9-6。

 

ところが韓国は7回、ミンビョンホンのタイムリーヒットで2点を返すがそこまで。

 

終わってみれば10-8。両軍合わせて26本のヒットで3時間40分の激戦だった。

 

日本はなんとか逃げ勝ち、スーパーラウンドを首位で突破。

一方韓国はこの試合、主力の温存という作戦をとったが、吉と出るか凶と出るか。

 

私も疲れてしまった。トホホ。

 

 

明日はまず12時からメキシコとアメリカの3位決定戦が行われる。

そして最後に19時から日本対韓国の決勝が行われる。

 

頂点をとるのはどちらのチームか。

プレミア12 もいよいよ最終日を迎える。

 

 

乞うご期待だ。

Premier12 SR11 Aus-CT 試合結果

Aus  1

CT   5

 

台湾が勝利した。

 

台湾は3回、ワンウェイチェンのタイムリーヒットで1点を先制する。

 

1-1の同点で迎えた8回、リンジェシュエンの3点本塁打などで5-1とし、勝利した。

 

先発のフーチーウェイは5回無失点。

先発の役割をしっかりと果たした。

 

一方敗れたオーストラリアは、ランナーを出しながらも、ちぐはぐな打撃で最終戦白星とはならなかった。

Premier12 SR10 Mex-Kor 試合結果

Mex 3

 Kor 7

 

韓国が勝利し、日本と共に決勝進出を決めた。

 

2点を追う韓国は5回、ミンビョンホン、キムハソンのタイムリーヒットなど、打者一巡の猛攻て7点を奪った。

 

韓国はチャウチャンが勝利投手。

 

一方敗れたメキシコは、5回に投手陣が4安打4四死球と崩れた。

 

韓国が勝利したため、日本と韓国は決勝に進出。

今日も日韓戦があるが、明日も日韓戦となってしまった。

 

まずは今日、韓国を叩くこと。

これが第一優先だ。

明治神宮大会の記事について

おはようございます。

 

北海道は雪が積もり、一気に雪景色になりました。

さて、明治神宮大会についてお知らせです。

 

今、試合を取材していますが、公開は先にしたいと思います。

 

予定は19日。そこから5日間か9日間になります。

 

よろしくお願いします。

Premier12 SR9 C-T - USA

C-T    2

USA   3

 

アメリカが逆転勝ち。

 

アメリカは初回、ボーンのタイムリーヒットで先制すると、1点ビハインドの7回にロッカーの2点本塁打で逆転。そのまま勝利した。

 

アメリカのジョーンズが1勝目。アメリカは意地を見せた。

 

一方敗れた台湾は、7回以降ノーヒットで逆転の芽さえ作れなかった。

プレミア 韓国代表分析

日本代表がスーパーラウンド最終戦で対戦するのが韓国。韓国は投手、野手ともにバランスが良い印象だ。

 

まずは投手陣から見て行こう。

日本戦で先発が予想されているヤンヒョンジュンはコントロールが良い。台湾戦で先発したキムグァンヒョン よりも投手としての魅力はある。

サウスポーであり、韓国リーグでも16勝。

徹底マークすることが大切だ。

 

打者陣も見て行こう。

 

主に先頭打者としてスタメンを張るパクミンウは、盗塁もできる打者だ。単打が多いが、盗塁されて2塁に行かれるのは避けたいところだ。

 

3.4.5番にはイジョンフ、パクビョンホ、キムジェファンが座る。そして下位打線にはキムヒョンス、ヤンウィジらが控える。

 

韓国は特に日本戦に関しては、死に物狂いで試合に臨んでくるだろう。

 

終戦、日本は絶対に勝って決勝に進んでほしい!

 

 

 

Premier12 SR8 日本対メキシコ 試合結果

メキシコ 1

日本           3

 

日本が逃げ切った。

 

日本代表は初回、鈴木、近藤のタイムリーヒットで2点を先制すると、続く2回にも坂本のタイムリーヒットで3-0。4回にジョーンズの本塁打で3-1とされるが、3点は大きく、そのまま勝利した。

 

先発今永は6回1失点。8奪三振の投球だった。

 

 

一方敗れたメキシコは、日本投手陣の前にヒットは1本のみ。特にリリーフ陣からは1本も打てておらず、もう悲しいとしか言いようがない。

 

日本代表はスーパーラウンド最終戦の明日16日、東京ドームで韓国代表と対戦する。

Premier12 SR7 Aus-USA 試合結果

Aus    2

USA   1

 

オーストラリアが勝利。

 

オーストラリアは初回、ホワイトフィールドのタイムリーヒットで2点を先制する。

アメリカは8回にペイトンの本塁打で1点を返すも、そこまで。オーストラリアがなんとか逃げ勝った。

 

先発アサートンは5回途中無失点。ホワイトフィールドは4-2-2と1人、気を吐いた。

 

一方敗れたアメリカは、ランナーを出すもそれを活かせず。もったいない敗戦だった。

Premier12 SR5 C-T - Kor 試合結果

CT   7

Kor  0

 

台湾が大勝した。

 

台湾は2回、フージンロンのタイムリーヒットなどで2点を先制する。

4回にも1点を追加、7回にはチェンジュンシウの3点本塁打、9回にもダメ押しにと1点を追加し、7-0。

 

台湾の完勝だった。

先発のジャンイーが2勝目。6回途中無失点と素晴らしい投球だった。

 

一方、敗れた韓国は、自慢の投手陣が乱調。

先発のキムグァンヒョン も3失点。

強力打線も台湾投手陣から1点も取れず。

痛い敗戦となった。

明日開幕!!明治神宮大会!!!

プレミア12 も佳境に入ってきました。

 

プレミア12 の期間中ですが、高校野球の大会が開催されます。

東京・明治神宮球場で行われる大会、明治神宮大会です。

 

早くは8月から、全国各地で秋季大会が行われていますが、その地区大会で優勝した10校が集まり、勝負を繰り広げるのがこの大会です。

加えて、高校野球の全国大会としては、年内最後となるため、これ以降は大きな大会や動きはありません。

 

高校野球関連でいえば、来年1月末に来年春のセンバツに出場する高校が発表されます。それまでは、オフのような感じ。

何回も言ってますが、この時期は旅行に行こう....

 

では、この明治神宮大会に出場する10校を見ていきましょう。

 

①北海道地区代表 初優勝 白樺学園

②東北地方代表  3年ぶり10回目 仙台育英

③関東地区代表  初優勝 健大高崎

④東京地区代表  2年連続7回目 国士舘

北信越地区代表 2年連続9回目 星稜

⑥東海地区代表  11年ぶり10回目 中京大中京

⑦近畿地区代表  5年ぶり9回目 天理

⑧中国地区代表  初出場 倉敷商

⑨四国地区代表  2年ぶり10回目 明徳義塾

⑩九州地区代表  12年ぶり2回目 明豊

 

初優勝などの成績は、秋季大会のことを表します。

 

明治神宮大会は15日に開幕。20日の水曜日まで行われます。

 

それでは、組み合わせを見てみましょう。

 

 

15日①倉敷商健大高崎

  ②明徳義塾ー星稜

 

16日①白樺学園国士舘

  ②天理ー仙台育英

 

17日①明豊ー15①勝者

  ②15②勝者ー中京大中京

 

 

一回戦はこのような組み合わせになっています。

 

プレミア12 も終わり、今年のトリを飾る大会です。

シーズン最後に、最高の試合を見せてくれるでしょう。

プレミア12 SR6 日本対アメリカ 試合結果

アメリカ 4

日本     3

 

侍ジャパンが初黒星。

 

日本の先発、高橋は2回、クロネンワースのファーストゴロの間に先制される。

 

高橋は4回を投げて2失点。ちょいといただけない結果だった。

打線は4回、浅村がタイムリーヒットで1点を返し2-1とする。

 

しかし5回、代わった山岡はボーンにタイムリーヒットを打たれ、3-1。しかし6回、またも浅村がタイムリー2塁打で3-2、一点差とする。

 

アメリカはすかさず7回にアデルのソロ本塁打でまたも4-2と突き放す。

 

日本も諦めない。8回、またまたまた浅村がタイムリーヒットで4-3と一点差に詰め寄ったが、ここまで。

 

勝利したアメリカは、2桁安打でその打力を見せつけ、日本から大きい勝利。

 

一方敗れた日本は、一打が出ない、併殺2つなどランナーを活かすことが出来なかった。

 

日本は明日、メキシコ代表と対戦する。

 

今日の韓国ー台湾の試合結果、明日の2試合については、所用のため、14日に更新します。

祝1000PV達成!!!!!!!

こんばんは。

今日の夕方で、私のブログのPV数が1000を超えました!!

 

この数字を達成できたのは、読者の皆様のおかげです。ありがとうございました。

 

次は5000PVかな?それまでブログは続いているのか?なんてね。

 

 

プレミア12 見ましょう!!